≪ククイ≫の子宮骨盤整調

骨盤について

骨盤関節

・骨盤は、左右一対の「寛骨(かんこつ)」、その間にある「仙骨(せんこつ)」、「尾骨(びこつ)」で形成されています。また、寛骨は、「腰骨(こしぼね)」と呼んでいる大きい骨で、三つの骨(腸骨、恥骨、坐骨)が癒合しています。
・仙骨は骨盤の中央にあり、逆三角形をした骨です。「背骨」と呼んでいる「脊柱」を支える土台で、身体のほぼ中心の位置に当たります。
・尾骨は「尾てい骨」とも呼ばれ、脊柱の一番下にある尖った骨です。「座る」や「歩く」の姿勢を支えています。
・骨盤は、「さまざまな内臓を保護する」「歩行を支えて衝撃を吸収する」「座るときの台座」などの重要な役割を担い、三つの腹筋(腹直筋、腹斜筋、腹横筋)に守られ、周囲の骨や筋肉と連動しています。また、腸骨と仙骨の間には「仙腸関節」、脊椎と仙骨の間には「腰仙関節」があります。

骨盤のゆがみ

子宮仙骨靭帯

・『ゆがむ』と言っていますが、実際に骨がゆがんだら、立つことも座ることも不自由になってしまいます。ここでは便宜的に「ゆがむ」を使用いたします。
・身体は全部つながっていますので、どこかが縮むとどこかが伸びます。なんらかのゆがみが身体の中心の骨盤に及ぶことで、骨盤にゆがみが生じ、身体のバランスが崩れ、腰痛、肩こり、頭痛、肥満、不妊の他、精神疾患など、その影響は全身におよびます。
・仙骨と子宮は「仙骨子宮靭帯」でつながっているため、骨盤のゆがみは、即、子宮へ影響します。
・仙骨が後に出っ張ると、子宮頚部も後ろに引っ張られるため、経血が出にくくなってしまう人もいます。子宮内部が経血で膨らみ、子宮の内部からの圧力で広げられることにより強い痛みが生じる人もいます。病院では生理痛の診断とその薬の処方にとどまることが多いようです。長い年月この状態が続くと、子宮後屈や生理不順になりやすいようで、多くの方が腰の痛みを覚えて仰向け寝できなくなっています。最も健康的な寝姿勢「仰向け寝」ができないと、良質の睡眠を得られず、さまざまな弊害を招きます。
・じつは、≪ククイ≫のオーナーセラピストHekili(ヘキリ)は、30歳代半ばから40歳代後半まで、最高時100kgにも届こうかという、超おデブでした。
妊娠できないことに対する

≪ククイ≫の子宮骨盤整調

≪ククイ≫は、医療行為は一切行っておりません。